FC2ブログ

行政書士試験受験生応援ブログ

H23度 行政書士試験に合格しました!

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

gskatsu

Author:gskatsu
アラフォー世代の独身男。
宅建試験は難なく合格。
行政書士試験に苦戦しましたがH23年ようやく合格。
行政書士開業はまだ先ですが貯金をしながら実務の勉強もしていきます!

年別アーカイブ一覧

ブロとも申請フォーム

勉強を再開

今年の行政書士試験が終わって2週間が経ちました。

ぼちぼち勉強を再開させます。

今日は突破塾の行政法の全体構造編を読みました。

行政法はは昨年も使用した突破塾の教材で理解をして、必要に応じて伊藤塾のスパイラルカードをテキストに追加していくやり方で勉強を進めます。

覚えたいことはスキャンして画像を携帯電話で見ようと思います。

先週はスキマ時間だけ記述対策講座の民法の穴埋め問題(84問)を一通りやりました。

少ない量でしたが目標がクリアできて小さな達成感があります。

今週は記述対策講座の行政法の穴埋め問題(60問)をスキャンして携帯に画像データを移しておいたので一通り終わらせるようにコツコツやっていきます。


今年の試験の敗因と弱点克服法を考えながらまた1年勉強を続けていきます。

これからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト



本試験分析会を視聴(伊藤塾)

今週は伊藤塾の本試験分析会を無料ストリーミングで視聴しました。

講師が問題のランク付けをしてくれましたが私は法令はAランクの問題は大体できていましたが、Bランクでの取りこぼしが多かったです。

行政法は一見Cランクのようでも基本的知識で解ける問題もあった。

行政手続法は聞いたことのない用語がでてきてもそこの部分は隠して主語、述語に注意すればもっと素早く正誤の判断がついたはず。

行政事件訴訟法は多肢、記述でも出題されやすいので行政法の勉強でも特に力を入れたいところ・・・。

民法はCランク問題は飛ばして、ABランクの問題に時間を使うべきだった。
→事務処理能力が必要

山田講師が180点取るための得点計画の例を挙げてくれました。
・記述30点
・一般知識 7問(28点)
・多肢 7問(14点)
・行政法・民法 20問(80点)
・基礎法学・憲法・商法 7問(28点)

・・・だそうです。

私の場合は行政法・民法で13問しか正答しなかったので行政事件訴訟法、民法の債権でもっと得点を取ることが課題です。

本試験分析会を視聴して課題ややるべきことが見えてきました。


細かな計画はこれから立てます。


PS 今週はまだ勉強を本格的には再開していませんが、記述対策講座の民法の穴埋め問題(84問)をスキャンして画像を携帯で見れるようにして、スキマ時間に解いています。今、63問目(弁済)まで終わりました・・・。

本試験分析会を視聴(資格の大原)

今日はネットで大原の本試験分析会を視聴しました。

以下のHPで視聴することができます。

http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/gyosei/#04

26問位が正答率50%以上の問題で選択肢2つまで残って悩む問題(後は運次第)が多かったようです。

私も選択肢が2つまで絞れたけれど間違えた問題が何問かありました。

そして迷った挙句ほとんど間違えていました。

問題11~15は行政手続法、不服審査法、行政事件訴訟法の条文知識の問題なので速く解いてほしいと講師は言って
いましたが、私は条文の知識があやふやだったのですぐに正誤の判断がつかずに他の選択肢と比べながら解いていました。

条文は大切と知りながら試験が近づくにつれ条文を確認する作業を怠ってしまったのも反省点です。

そうは言っても法令択一でAランク、Bランクの問題での取りこぼしが何問もあったのが一番の反省点です。

このような正解しなければならない問題での取りこぼしを減らすことが課題です。

あと判例の知識や多肢選択式、記述の対策などやらなければならないことがたくさんあります。

来週は水曜日の午後6時から伊藤塾の無料ストリーミングで本試験分析会が視聴できるので見てみようと思います。

講演会の視聴

今日はのんびりと講演会を聴きたり、掃除をしたり、録画しておいた 「プロフェッショナル(北島康介の回)」を見たりしてのんびりしていました。

講演会は伊藤塾出身の行政書士の井内絢也さんを聴きました。

※以下のHPで無料ストリーミング見ることができます。

http://www.itojuku.co.jp/stream/index.html

「無料ストリーミング」→「ログイン」→左側にあるcontentsの「行政書士」 →「行政書士試験 公開講座・体験受講」→

「試験直前フェスタIN大阪梅田校/行政書士井内絢也による実務家講演会」 のクリックで見れます。

講演会の43分位の内容がとても印象的でした。

以下の文章は行政書士試験に不合格になった後の井内さんが伊藤真塾長に手紙を出した後の 塾長の返信の内容です。

「大丈夫、今のこの苦しさや悔しさは立派な法律家になるために必要な試練なのだから・・・。

必ず乗り越えられます。世の中には立派な人間と立派じゃない人間なんて区別できません。

日々努力しているかどうかだけが問題です。

どこまで行っても日々努力するだけです。

私も今でも毎日が試練で努力です。

来年合格すればいいじゃないですか。それで全く問題ない。
重要なことはもうダメだと思ったときにどうやって立ち直るかです。


今回のこのことはとても良い試練です。自分を鍛えるチャンスをもらったのですから・・・。

それを無駄にしないことです。

がんばれ。まだまだがんばれるはず。最後まで応援しています 伊藤真」



今日この講演会を視聴して感動しました。

試験に不合格で落ち込んでいる私は強く心を打たれました。

試練はチャンスでもあると思って、また来年の行政書士試験に挑戦しようと思います!



試験から一夜明けて・・・

今日は恐る恐る自己採点をしました。

結果は・・・

昨年の試験よりも大幅に得点を落として「不合格」です。

得点は秘密です。

一般知識の5問しか正答していなくて足切りにあってしまいました。

まさか文章理解が3問全滅とは思いませんでした。

昨年の試験では文章理解は3問とも正解、先月の模試でも3問とも正解だったのに・・・。

法令も行政法は19問中9問、民法は9問中4問しか正答していなくてまるでダメ。

山田講師が以前、合格者は行政法、民法で20問位正答している人が多いと言たので私もそれを目標にしてました。

だけど全然20問に届かず・・・。

ちなみに基礎法学は1問正答、憲法と会社法はマグレで5問中4問正答でした。


不合格は悔しいです。

私を応援してくださった方々(実務家、先輩合格者)、受験生のみなさん1年間ありがとうございました。

お陰さまで高いモチベーションを維持して勉強をすることができました。

今後のことは予備校や講師の本試験の講評を聞いてから決めようと思います。

それでは。

 | ホーム |  »