FC2ブログ

行政書士試験受験生応援ブログ

H23度 行政書士試験に合格しました!

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

gskatsu

Author:gskatsu
アラフォー世代の独身男。
宅建試験は難なく合格。
行政書士試験に苦戦しましたがH23年ようやく合格。
行政書士開業はまだ先ですが貯金をしながら実務の勉強もしていきます!

年別アーカイブ一覧

ブロとも申請フォーム

過去問が終わったら

私は何度も受験していたので過去問は20回転~30回転くらいはやったと思います。 

問題を解く際は間違いの説明の部分を見て正しい説明ができるように心掛けていました。

再受験生は過去問はもうほとんどマスターしている方もいるかもしれませんね。

過去問は行政法は繰り返し同じ論点が出題されますが、他の科目は同じテーマでも少しポイントをずらして出題される傾向にあります。

過去問だけでは合格は不十分なので早く卒業したいものです。

過去問が終わったらどんな問題集を使用するか迷いますね。

私は昨年は予備校教材だけで手一杯でしたが、LECの某講師が推薦してした法学検定試験問題集4級、3級(行政コース)を使用した年もありました。

法学検定試験問題集は4級、3級とレベル別になっていて基本的な知識が網羅的に確認できました。

同問題集の法学入門、法学一般の問題が行政書士試験の基礎法学の対策にもなりました。

法学検定試験は今年度から受験コースの名称が4級がベーシック〈基礎〉コース、3級がスタンダード〈中級〉コース、2級がアドバンスト〈上級〉コースに名称が変わります。

また科目ごとの出題数も変更があるようです。

http://www.jlf.or.jp/hogaku/pdf/2012modification.pdf

スタンダード〈中級、旧3級〉コースは級内のコース別を廃止し,法学・憲・民・刑を必須として、民法以外の問題を5 問ずつ減らし,受験科目を4 科目から5科目に変更されます。

スタンダードコースの問題集には法学一般、憲法、民法、行政法、商法が収録されているので行政書士試験対策にもなりそうです。

(行政書士試験の試験科目にない刑法 民事訴訟法 刑事訴訟法まで収録されているのでちょっと購入に躊躇してしまうかもしれませんね。)

過去問が終わったら公務員試験用問題集、司法書士試験用問題集、法学検定問題集、市販の予想模試など何を勉強するか迷いますが全ての問題集をやることは難しいことです。

もし私が今年独学で受験をするとしたら過去問が終わったら法学検定問題集を使用して勉強をすると思います。まあ好みの問題でしょうが・・・。





スポンサーサイト



司法試験合格者 国の目標に合わず

司法試験の合格者を年間3000人程度にするという国の掲げた目標は、実態に合っていないうえ、法律家を養成する教育の質を落とす結果も招いているとして、総務省は、関係する省庁に改善措置を取るよう勧告しました。

国は、10年前、国内の法律家の数を増やすため、司法試験に合格する人を年間3000人程度にすることを目標に掲げ、おととしごろまでに実現させる計画でした。

ところが、総務省が調査したところ、司法試験の合格者は今でも年間2000人程度で、それでも合格者の中には弁護士になれない人が多く、国が設定した目標は実態に合っていないとしています。

また、法律家を養成する法科大学院については、全国にある74校のうち19校で、去年の入学試験の倍率が2倍を下回ったほか、新入生が10人未満だった学校も11校に上り、司法試験合格者の過大な目標が教育の質の低下も招いているとしています。

このため総務省は、司法試験の合格者の目標を実態に合った数に変更したうえで、現在ある法科大学院については、定員の削減や学校の統廃合を検討するなどの改善措置を早急に取るよう、法務省と文部科学省に勧告しました。

▽ソース:NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120420/k10014593301000.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司法制度のニュースがあると今後どんな展開になるのか関心があります。

新司法試験の合格者数の目標を低くして、法科大学院の定員の削減、学校の統廃合を進めて少数精鋭の合格者を確保するようにしていきそうですね。

新司法試験の合格者が減少すると他の資格試験にも影響が及ぶでしょう。

新司法試験の受験者・不合格者が今まで以上に行政書士試験にも参戦してきそうです。

行政書士試験の難易度がさらに上がるまでに受かってしまいものですね。




講義の復習

昨年、今ごろの時期はクレアールの講義を聴講した後もう一度テキストを読み返して、出てきた条文は六法で確認して、一問一答集・過去問題でアウトプットをしました。

一問一答では過去問に出題されていない基本問題も補えました。

また一年使用した伊藤塾の教材のスパイラルカード(整理カード)も読んで情報を集約するようにしていました。

問題を解いたら問題番号の脇に○、△、×など鉛筆で印をつけたり、不安な問題には付箋紙を貼っておいて何度も見直しをしました。

早い時期から情報を集約しながら勉強をしていくことをおすすめします。




桜満開

001 (2)

003.jpg


002.jpg

今日は町内を散歩ながら公園に行き、デジカメで桜の花を撮ってきました。

満開できれいに咲いていました。

行政書士試験合格後に見る桜は格別でした。

今日は6キロ歩きました。

少しはやせたかな。(笑)



試験までの大雑把なスケジュール

試験まであと7ヶ月くらいですね。

受験生のみなさん、試験当日までの学習計画とか立てていますか?

私の場合は昨年は受講していたクレアールのスケジュールに合わせて以下のように勉強していました。

・7月末までにテキストのインプットと過去問は終わらせる。 ※他に副教材の一問一答もやりました。

・8月~10月は中旬まで受験指導校の答練・模試、市販の予想模試、弱点補強

・10月中旬から試験前日 総復習

・11月第2週 行政書士試験当日

もし受験指導校など受講しているならその指導校のスケジュールに沿って進めるとよいと思います。

7月でにはインプットと過去問は一通り終わらせたほうがよいと思います。

8月1日から願書受付が始めるのでそれまでが勝負です。

記事の冒頭で試験まであと7ヶ月くらいと書きましたが、8月1日まではもう4ヶ月を切っています。

試験までずっと先だなんて思わないで勉強進めてくださいね!







 | ホーム |  »