行政書士試験受験生応援ブログ

H23度 行政書士試験に合格しました!

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

gskatsu

Author:gskatsu
アラフォー世代の独身男。
宅建試験は難なく合格。
行政書士試験に苦戦しましたがH23年ようやく合格。
行政書士開業はまだ先ですが貯金をしながら実務の勉強もしていきます!

年別アーカイブ一覧

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記述対策

だんだん涼しくなって秋らしくなってきました。

受験生のみなさん勉強は捗っていますか?

記述式は3問出題(例年、行政法1問、民法2問)されていて
1問20点の60点満点です。

もし択一で思うように得点ができなくても、記述式で
逆転できるかもしれません。(私もそうでした)

キーワードだけ書ければ部分点をもらええるので、少しでも
得点を確保したいところです。

記述対策用の問題集で演習したり、予想模試で出題された問題
はしっかり復習しましょう。

市販の問題集ではWセミナーの記述式問題集がおすすめです。

「民法」と「行政法」の2科目の記述式問題200問を掲載されて
います。




時間も限られているし問題集の最初のページから順番に解いて
いくと効率が悪そうです。

私なら重要度の高い基本問題を優先して応用問題はパスします。

予想模試、模試などで出たテーマの類題を見ます。

テキストなどに記述で問われそうなテーマは「キ」と書き
込みしてあるのでそのテーマを問題集で解いてみます。

「何と呼ばれどのような性質があるか?」みたいな問題も
注意しておいたほうがよさそうです。(昨年の記述式の行政法で
出題された「即時強制」のような問題)

昨年、行政法は定義を答えさせる問題だったので今年の行政法の
記述式は事例形式の問題が出題されるのではないかと予想しています。

ということで行政手続法、行政事件訴訟法を中心に勉強します。

行政法総論、不服審査法の問題はパスします。

民法は、昨年は表見代理(使用者責任)、抵当権が出題されました。

今年はどうなんでしょうね?

制限行為能力者の黙秘が「詐術」にあたる場合、法廷地上権
の要件、債権者代位権、詐害行為取消権、過失相殺(債務の不履行に
関して債権者に過失があったとき、裁判所はどうするか?)など
が私の予想です。(←軽く聞き流してください)

今年の行政書士試験まであと4週間(28日)です。

1日1日大切にして学習を継続してください!

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://gskatsu.blog73.fc2.com/tb.php/643-5ff6b0bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。